自転車を乗るコツがここに。ストライダーは3歳児との相性抜群!

DSC02681.png
3歳からのストライダー

昨年、2歳の次男坊の誕生日プレゼントにペダルなしランニングバイク「ストライダー」購入しました。

2歳になりたての頃はサドルにまたがるだけで、
精一杯な状況でした。

ですが、次男坊も3歳になり体の骨格もずいぶんとしっかりしてきたので、
少しづつですがストライダーを乗りこなすようになってきた。

今日はせっかくなんで日ごろのリフレッシュや子供の成長のビデオ撮影も兼ねて、
家族で大型の公園で遊んできました。

SponsorLinks

ストライダーは幼児用のマシーン

ストライダーの対象年齢は2歳から5歳。

ストライダーはいろいろな種類の幼児用自転車が多い中で、
専用のレースやオフィシャルパークがあるアメリカ生まれのメーカーです。

ランニングバイク!ストライダー

DSC02685

ストライダーにはペダルが付いていません。
なので自転車というよりもランニングバイクという形で紹介されています。

基本的にストライダーの乗りかたは以下の3点に絞られると思います。

  • 足で地面を蹴って前に進む
  • 進行方向に目線を向ける
  • ハンドルをコントロールする

たったこれだけです。
たったこれだけですが、自転車を乗る基本が全て詰まっているので、
全く動作に無駄がないのです。

ストライダーの良いところ

ストライダーの良いところはやはり、
バランス感覚が磨かれるってことではないでしょうか?

バランス感覚を鍛えることは、
すなわち自転車乗るためのスキルと同等です。
幼児期からこのように体の適切な使い方を覚えることはとっても重要です。

逆に補助輪がついていると、安定性があるおかげで、
ペダルを漕いでバランスをとるという過程が疎かになります。
だってどんなにスピードがなくなったって補助輪があると、立っていられるからね。

補助輪が外れて自転車に乗ると恐怖心との戦いにもなるのです。

それなら最初から補助輪付き自転車から普通の自転車に移行するよりも
ストライダーから自転車へステップアップしたほうが、早いと思うわけですよ。

子供とともに成長するストライダー

DSC02686

2歳の頃から雨の日や雪の日も自宅の中でストライダーを乗っていたので
自転車にまたがる抵抗はもうありません。

あの狭い自宅の中で遊んでいたおかげで、
大きな公園にいくと水を得た魚のように遊んでいました。

足で地面をけり、自分の足で止まり、自分の腕でハンドルをコントロールする。
転んで、泣いて、起こして、また走る。
その一挙手一投足が「将来、自転車に乗るためのステップは踏んでくれている」
全ては、経験です。

ここは大型の公園ですが、
ストライダーを楽しむには十分な広さです。

公道での走行禁止やヘルメットの装着など、
ルールを守った上で楽しく遊びましょう。

まとめ

はっきりいって自転車を教えるのって大変です(長男で経験済みw)
大人は自転車の乗るコツなんてわかっているが、
子供にとってはそうはいきません。

ストライダーを乗ることで、幼少期からの運動習慣や、バランス感覚、またゲームなどでは味わえない
外で遊ぶ楽しみを改めて覚えさせることができればいいと思ってます。
将来的に自転車を教える時間の大幅な短縮にもなりそうですね。

ではー。


スポンサードリンク

DSC02681.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です