どのプランを選ぶ?「格安SIM」を上手に運用するための3種類

名称未設定.001

格安SIMは大きく分けて、「3種類」のタイプがあるのをご存知でしょうか?

この3タイプを使い分けることで、
自分に本当に必要なSIMカードを手に入れて
スマホ料金を節約していくことが重要です。

また、どのMVNO事業者、
例えば「マイネオ」「OCN」「楽天モバイル」などでも、
3種類のタイプでプランが構成されています。

まずは、この3種類の「SIM」について理解を深めていきましょうね。

SponsorLinks

データー通信専用SIM

データー専用のSIMなので、
電話番号などは一切付与されないネット専用のSIMになります。

値段的にも3種類のSIMの中でもっとも安く、
3GBで900円というとてもリーズナブルな金額ですよね。
また、最近では1GBの半分である「500MB『700円』」や「1GB「800円」」プランなど、
より使用できる容量が少なく、さらに価格を下げたプランも出てきています。

外出先でもネットをやりたい!
というユーザーの欲求に応えたSIMと言えるでしょう。

電話が使用できないと言っても、ネットにさえつながってしまえば、
LINE電話にて通話が可能です。

最低限のスマホ機能が必要なのであれば、
データー通信専用SIMで十分に間に合うでしょうね。

SMS対応SIM

次に紹介するのは、SMS対応のSIMです。
データー専用のSIMの違いはズバリ「SMS対応」ってこと(そのままやんけ!)

SMSってなにさ?って話ですが、
電話番号に対して直接メールを送れる機能のことをいいます。
つまり「Cメール」や「ショートメール」ってこと。
※文字制限あり。

なんだよ。メール使いたいだけならGmailやLINE使うわっ
って突っ込みもありそうなのですが、

そのLINEを使うときなどに必要な認証作業に
「SMS機能」を使う必要があるのです。

まあ実際には、SMS機能がなくてもLINE認証はできるのですが、
あまりスマホに詳しくない方は、あったほうが便利だよねって程度の認識でいいでしょう。

その他にもGoogleの本人確認や、
Facebookの認証作業のときに必要になる機会があるのかもしれません。
どちらかと言うと、データー通信専用のおまけ要素的なタイプと言えるでしょうね。

ちなみに私はauのiPhone持っているのですが、
SMSであるCメールは認証作業にしか使用していません。

IMG_3869

音声機能付きSIM

最後に紹介するのが、音声機能付きSIMになります。
音声機能つまり「090の電話番号機能」が付与されるSIMカードになります。

docomo、au、SOFTBANKの3大キャリアから、
格安SIMに移行するパターンで1番多いのが
「音声機能付きSIMカード」ではないでしょうか。

料金は3GBプランで1,620円になり
データー通信専用、さらに「SMS機能」まで入っている
全部入りのSIMカードです。

もちろん、090番号を新規で申し込みすることも可能ですが、
ほとんどの方が3大キャリアからの※”MNP”による移転です。

※MNP=モバイルナンバーポータビリティの略で、現在使用している電話番号を維持した状態でも、キャリアを移動することが可能。

現在、使用している電話番号をそのまま導入できるので、
MMS機能「docomo.ne.jp」「ezweb.co.jp」などの
キャリアメール機能が使えない以外は、
ほぼほぼ3大キャリアのスマホと変わりません。

私が使用している「au」の月々の支払い額は、
6,500円。
自宅にWi-Fi環境があるので、実際には3GBにて十分です。

なので、もし私が格安SIMに移行したとしても、
3GBの1,620円のプランで十分にデーター量が余るはずでしょう。

実際にプランを確認してみよう。

先程はOCNのSIMカードを紹介しましたが、
mineo(マイネオ)のドコモプラン(Dプラン)
の価格について説明していきましょう。

データー通信専用SIM SMS機能付きSIM 音声機能付きSIM
3GB 900円 1,020円 1,600円
5GB 1,580円 1,700円 2,280円
10GB 2,520円 2,640円 3,220円

※2016年4月22日現在。

価格順で並べますと、
データー通信専用SIM<<SMS対応SIM<<音声機能付きSIM
の順に高くなっていきます。

マイネオの場合には、
データー通信専用SIMとSMS機能付きSIMカードの
価格差は120円しかありません。

また、電話番号付きでも3GBプランで
1600円で運用できるので、3大キャリアのスマホを持つよりも
月々の支払額が大幅に節約が可能です。

大体どのMVNO事業者のSIMカードを選択したとしても、
1ヶ月5,000円は浮かせることができますからね。

まとめ

ほとんどの格安SIMに移行するユーザーは、
音声機能付きのSIMカードを持つことになるでしょう。

音声機能なしのデーター通信専用の使うケースでは、
スマホ2台持ち、例えば電話はガラケーで、
ネット端末としてデーター通信専用SIM。

また、iPhoneはキャリアであるdocomoのままで、
Androidスマホをデーター通信専用SIMを使う
みたいな使用用途でしょう。

格安SIMを持つときには、
店舗で購入すれば間違いないと思いますが、
こちらの3種類の用途を間違えないようにしましょう。

間違った場合でも交換は可能ですが、
3,000円の変更料がかかってしまいます。

スマホを経済的に使うなら、
このような小さなミスはしないようにして
なるべくお金をかけないことが、格安SIMを正しく運用するコツですよね。

ってか。冷静に考えて電話番号付きの「SIMカード」
月々の支払いが1,600円ってマジ安くないですかね。
まーその辺の話はまた今度。

ではー!


スポンサードリンク

名称未設定.001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です