はじめてのクライミング体験! 体が鈍っている実感しかしない。

どもくーかい@kuukai13っす。



アフィリエイトやブログやっていると、どうしても運動不足になりがちになります。

PCの前に座っているだけで、それだけで体が鈍ってしまいますし、
黙って座っているだけで筋力も落ちて、脂肪も蓄積されています。



そうならない為にも、最近は食事の量を減らしたり、
腹筋などの筋トレ、またランニングやウォーキングなどの有酸素運動も取り入れています。



そんななか、相方に言われクライミングにチャレンジしてきました。

自分が思ったよりも奥が深く、思った以上に辛かったので紹介。

SponsorLinks





クライミングをやってみた感想



そもそもこれはクライミングなのか。ボルダリングなのかって話から。
クライミングとは自分の力で壁をよじ登るスポーツなので、
今回やったのはクライミングに当たります。

でもね、クライミングにも色々とあって、
ロープを使わずに壁についてある色付きのマットにしがみついて、
登っていくのがボルダリング。

そして登る人と、ロープを操作する人がいて初めて成立する
二人一組のリードクライミングというみたいです。

今回はボルダリングの場所を使用して、
専門のかたにロープを持ってもらっていたので、
半ボルダリング半クライミングって感じなんですね。

まあ、クライミングでいいでしょう。





腕の力で登れるほど甘くはない


勢いよく登ったのはいいが、
傾斜が強すぎて、
スピードが全く乗らない。



最初のうちは腕の力だけでなんとかなるので、
一気に駆けあがれるが、
なんたって最近はPCでタイピングしかしてないので、
そんな男に登りきれるわけでもなく、すぐに腕の限界は訪れていました。

そうなってくると、あとはもうシンドイだけで、


3メートルぐらいのところでピタリ。

まるでスパイダーマンの如く、粘着するだけで精一杯でしたね。

フリークライミング




膠着している状態が続いていると、

やがてコーチみたいな人が下から、
「そこに右足かけて!」「右手を上の赤いところにかけて!」とか言ってるんだが、
耳には入っていても、心はボッキリ折れているので、
そこでもうゲームオーバーとなってしまいました。

コツは足を上手に使う

その後に比較的簡単なコースを登らせてもらってなんとなくわかってきましたが、
コツはやはり足の使い方でしょう。

登れていない僕がいうのもなんだけど、
足元に注意を払っていないと、しっかり体重を支えることができません。

どうしても初心者(まあ僕なんだが)は腕の力だけで登りきろうとするから、
とても歪な体制になります。
足のつま先をしっかりと使ってホールドして立つようにしよう。





初心者でも登れるようになるのか?

はじめてフリークライミングをやってみた率直な感想は、
キツカッタけど何回かやっていくうちに、
たぶんできるようになるのではないかってこと。

その中で、一定の筋力さえあれば、
センスのある人はすぐに登ることができるだろうし、
センスのない人は登るのに時間がかかるのでしょう。

でもセンスって一言で片付けることは簡単ですが、
ある程度までなら努力でなんとかなるってこと。
これはもうどんなスポーツでも一緒で、
ランニングとかなんてその王道ではないでしょうか。

初めは100メートルしか走れなかったところが
毎日続けているうちにやがて、2㎞、3㎞と距離を伸ばしていき、
やがて10㎞も普通に走れるようになる。

なのでとにかく、最初からどんどんチャレンジしていく。
キツくても辛くても、何度もチャレンジしてみる。
この数をこなした積み重ねがやがて質の向上となって結果に表れてくるのでしょう。

そうすると、ハマってきて楽しくなってくるんだよね。
まあ逆にいうと、それが飽きにもつながっていくんだけどねw

まとめ

いい体験をしましたが、
通ってまでやるか?って言われると微妙なところです。

やはり何かを始めるには何かを捨てなければならないですし、
時間的な余裕は私にはありません。

でもサラリーマンではなく、
時間的に余裕ができれば、ジムと併用で通うものいいかもしれません。
自分の思い通りに体を動かして、登ることができれば、
すげー楽しいんだろうなぁーって思う。

まずは、お腹の贅肉を落として、
自分の重力に負けないカラダを作るほうが先ですよね。

では。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です