格安SIMを販売する「MVNO」って一体なんなの?

名称未設定.001

「MVNO」って言葉を聞いたことがありますか?

エムブイエヌオーなにそれ?って方が大多数だと思いますが、
「格安SIM」を検討しているなら、
ざっくりとでも、覚えておいたほうがいいでしょう。

MVNO事業者がどのような通話回線を使用しているのか。
また、なんでスマホの月々の利用料金が安いのか。

その辺りについて説明していきますよー。

SponsorLinks

格安SIMを販売する「MVNO」について探る

MVNOとは一体何ですの?

MVNOとは、正式には、
Mobile Virtual Network Operator(モバイルバーチャルネットワークオペレーター)の略で
仮想移動体通信事業者」と言われています。
事業者の中には、

  • iijmo
  • OCNモバイル
  • BIGLOBE
  • 楽天モバイル
  • マイネオ

などがあり、格安SIMを販売している会社になります。

では、このMVNO会社と呼ばれている「iijmo」や「OCNモバイル」が
自らの通信回線を使って、
スマホ事業を運営しているのでしょうか?

そもそも、MVNO事業者は通信回線を持っていません。
実はMNOと呼ばれる移動体通信事業者である
「docomo」や「au」から通信回線を借りているだけなのです。

まあ、かんたんに言えば「下請け」ってやつですね。

スクリーンショット 2016-04-25 08.23.59

なので、格安SIMを利用しても、
元請けが「docomo」や「au」などの移動体通信事業者ですので、
ネットの繋がりが悪くなったり、
通話品質が極端に落ちることもないので、
はじめて「格安SIM」を購入するも心配する必要はないのです。

MVNOの一次事業者、二次事業者

「MNO」と呼ばれているdocomoやauの電波を借りている「MVNO事業者」
そのMVNOの中でも、一次事業者二次事業者なるものが存在しています。
かんたんに言うと、下請けのさらに下請けのようなものですね。

MVNOの一次事業者は「OCNモバイル」「IIJmio」などがあります。
格安SIMの中ではかなりの「有名」な会社ですよね。

「NTTぷらら」「BICSIM」「NifMO」などは二次事業者にあたります。
また、有名なブランドで挙げるとすれば、
安い価格で提供している、みんな大好きイオンのイオンSIM。
さらには「DMMmobil」なども二次事業者なんですよね。

一次業者 二次業者
OCNモバイル NTTぷらら、NifMO、ASAHIネット、Tiki
IIJmio DMM mobile、hi-ho、BIVCSIM
freebit mobile フリモバ、DTI
b-mobile Amazon、イオン
So-net Amazon、GEO

よく二次事業者の格安SIMは、
混雑していると速度が遅くなる」と言われているのですが、
実際には、スマホ環境や使用する時間にもよるのでなんともは言えません。

スマホのヘビーユーザーなら、
気になる、レベルなのかもしれませんが、
普通に使用しているなら、大きな不満を感じることもないでしょうね。

MVNO事業者が安い理由

じゃあ、なんで「MVNO事業者」である
格安SIMの月々の支払い額は、
3大キャリアキャリアであるdocomo、au、SOFTBANKなどよりも安いのでしょうか。

かんたんに言うとMVNO会社は

  1. CMなどの広告費が少ない
  2. 実店舗の運営をおこなっていない
  3. 日本全国における回線保守作業の必要がない
  4. 通信インフラを借りているので、料金が安い
などの理由が挙げられます。

まあ、MVNOはdocomo、auなどから電話回線網を借りて、
独自プランを提供しているプロバイダーのようなものだと
考えてください。

確かにそれ以外にも「機能を絞りに絞り込んでいる」という特徴もあります。
3大キャリアであるdocomo、au、SOFTBANKには無料通話プランがありますが、
格安SIMでは、通話料は30秒に20円かかってしまいます。

なので、「ただ安くなる」だけにスポットを当ててしまうと、
使い方を間違えて、逆に損をしてしまうこともあるので、注意が必要です。

格安SIMにするべきかどうかの判断は、
以下の記事でも解説しているのであわせて読んでみてくださいね。

格安SIMにするべきかどうかを選ぶための3つの判断材料

2016.04.20

まとめ

格安SIMってなんか怪しいって思ってしまうかもしれませんが、
決してそんなことはありません。

使っている通話回線は3大キャリアであるdocomo、au、SOFTBANKですので、
大きなストレスを感じることは少ないでしょう。
それよりも、月々のスマホ代の支払いのほうがストレスじゃね?って思うわけです。

まあ、その辺りを面倒がらずに、
格安SIMに移行できれば、固定費を節約することは可能ですからねー。
ではー!


スポンサードリンク

名称未設定.001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です