食物繊維不足の方、ケロッグオールブラン ベリークランチを食べましょう。

こんにちは! 朝食を食べないと仕事中に頭が回らない空くうかい海@kuukai13です。

今日は最近はまってるケロッグのオールブラン「ベリークランチ」を紹介します!

ケロッグオールブラン ベリークランチ

こちらNEWと記載していますが発売は2013年8月 食物繊維が1日の50%とれるとの事。

IMG 4243

甘酸っぱいクランベリーと食物繊維豊富な小麦ふすま(ブラン)から作った2種類のサクサクシリアルをブレンドしました。1食(50g)で、1日に目標とする食物繊維量の約50%が摂れます。

 クランベリーは抗酸化作用のあるポリフェノールや食物繊維をたっぷり含み、目にも鮮やかな赤色が食欲をそそる。また、甘酸っぱい味わいがアクセントとなり、味に厚みを加えている。

栄養素表です。

  • エネルギー 162kcal
  • たんぱく質 5.3g
  • 脂質 1.5g
  • 糖質27.7g
  • 食物繊維 10.0g

1食分50gの計算です。 栄養素

糖質量はちょっと多くダイエットには不向きな気がしますが
食物繊維の量は10.0gとはなかなかの量です。
1日の食物繊維の摂取目安が約20gとされている。
(ちなみに僕は朝、昼山盛りキャベツで残りの食物繊維の量を補っています)

3種類の味が混ざっています

まずは小麦ブランの一つ オールブランの方 棒状になってる奴です。

多分食べていくと1番最後に余ります。 ふすま(ブラン)の香り、味が1番強いです。
その代わり1番食物繊維の量が豊富です。

関連記事<<特保(トクホ)だよ。ケロッグ オールブランで食物繊維をたっぷり採ろう ブラン

 

そしてもう一つ ブランフレーク、一緒に食べるとわからないかもしれませんが 単品で食べるとこちらは甘いです。

甘いのは当然のことで この商品ではほどほどの甘さになるように 調節して砂糖が加えられています。

 

シリアル

 

最後にクランベリーです。 こちら甘酸っぱく多少の噛みごたえがあり

大きな特徴は 抗酸化作用のあるポリフェノールや食物繊維を多く含みます。 ダイエットの観点でポリフェノールを紐解くと

  • 血中のコレステロールを抑制する効果(高血圧の予防)
  • 糖尿病の改善効果
IMG 4247

結局この商品のコンセプトは

ケロッグオールブラン+ケロッグブランフレークに そしてクランベリーを混ぜた商品ということになります。

ケロッグオールブランの食物繊維=1日の70% ケロッグブランフレークの食物繊維=1日の30%

ケロッグベリークランチの食物繊維=1日の50%って計算が成り立ってしまうわけですね。

ダイエットの事を考え、なおかつ食物繊維(便通の良さ) などを求めるのならば ケロッグオールブラン

ケロッグオールブランだけでは 食べるのがシンドい方ならこのケロッグベリークランチ 

この甘さでも足りないのであればケロッグブランフレーク にしましょうね。

Posted from するぷろ for iOS.


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です